冷え性酵素不足

冷え性に悩む方はとても多いです。
特に女性において冷え性と言えば当然のごとく悩みとして挙げられます。

 

お腹や手足が冷えている場合、血液が汚れているとみなされることが多いです。
体の中の酵素不足や酵素の活性レベルを見抜く上でも冷え性の症状の現れ方が大切なポイントになります。

 

基本的に人間の体というものは、快適に動くことができる状態を求めています。
冷え性はこういった状態を損なわせる大きな障害などです。

 

人間は様々な調整機能により体のバランスを一定の状態に保とうとする自然治癒能力をかねそなえています。
この自然治癒能力は体の環境を整え免疫機能や酵素など端かけることにより、エネルギー循環、基礎代謝を良くするわけです。

 

この場合、自然治癒能力の敵となるのが冷え性です。

 

冷え性とは、体の体温のバランスを崩してしまったり、
免疫系、神経系、内分泌系、さらには精神的なバランスを崩す原因となってしまいます。

 

疲れたときにはきちんと栄養を摂取することが大切だとよれていますか、
体が冷えている状態では酵素が十分に与えてくれないので、
分解することができずに体に正しく吸収されることがありません。
つまりそれは脂肪して体内に蓄積されることになります。

 

こういった意味から、冷え性は万病の元といわれています。
単純に指先や足の先が冷えると言う問題だけどありません。
生命維持活動そのものに問題を与える症状です。

 

日本人の女性の70パーセント以上が酵素不足や冷え性になっているとされています。
これらはとてもバランス的に密接な関係があります。

 

 

ベルタ酵素で授乳中に、私が2.9kg痩せた飲み方