潜在酵素バランス

昨今まで酵素が体にとても重要なものであることは知られてきました。
それは体内でタンパク質からどんどん合成されるものと考えられていたからです。

 

ですが最近では、酵素化一生のうちにつくられる量には限りがあり、
遺伝子によって生まれつき決まっているということがわかってきました。

 

このように人間がそれぞれ持つ一定量の酵素のこと潜在酵素と呼びます。
潜在酵素には、消化酵素、吸収した栄養素を内蔵や筋肉など、体のあらゆる組織に届け、有効に働く手助けをする代謝酵素の2種類があります。

 

こういった酵素は体を作るだけではなく、毒素を汗や尿の中に流し込み体の外に排出させたり、体中で障害がある部分を直し、病気を治す方供してくれると言うことです。

 

 

つまりどういった酵素が足りなくなったとしても人間が健康に生きていく上で大きな問題となるということです。
酵素が足りなくなったからといってすぐに病気なるわけではありません。

 

ですが長い目で考えたときに1つ1つの問題が重なりいつの間にか大きな病気に発達してしまっていることも少なくありません。楽観的に考えてしまわぬように気を付けたいものです。

 

毎日の食事で取れる酵素の量には限界があります。
かなりバランスを気にして酵素を摂取するようにしていてもなかなか必要な酵素は補えません。
そういったときには酵素液などを使ってうまくバランスを取ることも大切かもしれませんね。

 

 

ベルタ酵素を授乳中に飲む|飲んでる芸能人ママ