妊娠出産後湿疹治らない

妊娠をすると、あらゆる皮膚の症状に悩まされることが多い時期にあります。
妊娠、出産によって体内のホルモンや免疫の状態がとても大きく変化するのが主な原因の1つです。
その中でも頻繁に起こるのが、妊娠性掻痒症です。

 

 

体全体を始め、特にお腹など赤ちゃんが大きくなるにつれて皮膚が伸びていく部分に強いかゆみを感じるのが主な症状になります。その他、赤い湿疹ができてしまう妊娠性痒疹、水ぶくれのできる妊娠性疱疹などもあります。

 

しかしながら、皮膚の症状には人それぞれのさがあります。
ちょっと見ただけでは一般の人が判断するのはとても難しいことになります。

 

 

かゆいという症状が長引いている場合は、早めに皮膚科の受診をすることが必要です。
傷ができてしまうことを強く掻いてしまったり、自分で判断して市販の薬を長く続ける事は避けましょう。
かいた後に別の感染が起こって傷跡が残ってしまうこともあります。

 

 

かゆみには、副腎皮質ステロイドの軟膏を用いることが多いのですが、
あまりにもひどい痒みの場合は、ステロイドの内服が必要になってきたりもします。

 

また、アトピー性皮膚炎では光アレルギー薬を使用することもありますが、
いずれも妊娠と言うデリケートな時期でありますので医師の方の診断を受け適切な薬を使用することが大切になります。

 

 

ベルタ酵素で授乳中に、私が2.9kg痩せた飲み方